柚子

ゆず

柚子の木には長く鋭いトゲがあり、風などで枝が揺れることにより果実に傷がつきやすく、収穫時にも手を傷つけないよう注意が必要です。

古くから毎年12月の冬至の日に柚子湯に入ると、その冬の間風邪を引かずに過ごせると言われています。

出荷時期

10~12月

食べ方

柚子風呂、ゆずジャム、ゆず茶など。果肉は酸味が強いため、生食には適していません。

鬼柚子

獅子柚子
獅子柚子

手のひらと比較

見た目が獅子や鬼の顔のような形からそのように呼ばれています。

じつはゆずの仲間ではなく、ブンタンの仲間。そのため、ゆずのよう強い香りはありません。果肉はそのままだとあまり美味しくないので生食には向きません。

皮はピール、砂糖漬け、マーマレードなどに使われています。(マーマレードは果肉ごと)

室内で2週間程度、青いものだと1ヶ月ほど日持ちします。獅子や鬼は邪悪なものを排除するため、縁起物として、実が大きいことから、実入りが大きい→千客万来の縁起物として飾られることも。

花柚子

果実が50g前後と小さい柚子。皮は薄めです。

本柚子に比べ、香りはやや少なめ。汁物や、料理の香りづけに。